2005年01月04日

ガマたん

1-4.jpg

ギンたんがうちに来た半年後のある昼下がり、うちの裏の路上で近所のおばさん連中と子供たちが何かを覗き込んで会議をしていました。通りかかった私を見て、隣の徳山さん(仮名)が「ちょっと、ちょっと!」と手招きします。近寄ってみると、ダンボールの中で子猫4匹がウニョウニョしていました。

「中村さん(仮名)の庭で生まれたんよ。貰い手探してるんやけど、あなた飼わない?」
「いや、うちには一匹いるし…」
「一匹も二匹も同じやて!(徳山さんは3匹飼ってる)とりあえず、連れて帰って会わせてみて、ダメだったら返せばいいやん!」

大阪のおばちゃんに逆らうのはインポッシブルゆえ、甲乙つけがたい可愛らしさの4匹の中から適当に一匹つかんで、家に持ち帰りました。それがガマたん。

ギンたんは不満タラタラだったのですが、いったん家の中に入れてしまったこんな可愛いものを返せるわけもなく、うちの子になりました。このときおそらく2週間目くらい。体重は確か240g。今から思うと、おかんから引き離すにはちょっと早すぎたかも。でも、病気ひとつせずに元気に育ちました。

数日後、「残りの子猫はどうなりました?」と聞くと「貰い手がなかったから親に返した」とのこと。野良として大きくなった兄弟をたまに見かけますが、この不敵な面構えの野良とガマたんの立場が逆になってたかも知れないのねえ…と、他猫とは思えません。
posted by ako at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

ぎんちゃん

1-3.jpg

ギンたんは2002年の1月に我が家にやってきました。前の年に15年生きた「ヒメ」が大腸がんで天国に行ってしまい、猫のいない生活に耐えられず、ネットの里親募集サイトに応募したのです。

保護をした方の話では、この子は病院の敷地内に住みついている何匹かの大人猫の中に一匹だけいた子猫で、発見されたときは油まみれ、寄生虫もいて相当厳しい環境を生き抜いてきたようだ、とのことでした。歯も1本折れてます。そのときは生後3ヶ月と聞きましたが、後で見てもらった獣医さんは「体は小さいけど、歯も生え揃っているし、もう少し大きいかも」と言ってました。

見てのとおりのブチャ猫で、「マンチカンか?」と思うほど手足が短く(これまた極端に脚長のガマたんの半分くらい)、なかなかトイレを覚えずにソファ、布団3枚、バスマット、タオル数知れず、ペルシャ絨毯(これは必死で洗って姉に譲った)を台無しにしてしまい、今でもウンチは何故か砂ではせずに新聞紙の上でしかしない(片付けるには楽だが、臭い)困った子ですが、うち一番の癒し系です。「癒し系」なんて言葉は大嫌いですが、それが抵抗なく使えてしまうくらいに。
posted by ako at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

ガマたん伝説の画像

12-26.jpg

この頃のガマたんの可愛らしさは超絶的でした。(クリックするとちょっと大きくなります)
念のために書いときますが、Rate My Kittenからパチってきた画像ではないですよ。あれは私が投稿したものです
posted by ako at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 昔の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。