2005年02月05日

ギンたんの別の顔

皆さんがもっているギンたんのイメージが「ひかえめでおとなしくていじらしい」というようなものに定着しかけているようなので、彼女の別の顔を。

大好物の「お身ごと技あり!宗田かつお」(人間が食ってもうまい)の袋を開けると猫又になります。


2-05a.jpg
「くれくれくれくれ!」

2-05b.jpg
「フクたん、あんな大人になってはいけませんよ」
「うん、わかった」




ところで、猫又って何ですか?
posted by ako at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ウマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私がakoさんに質問しようとおもっていたら、オチになっていました!猫又ってなんですかね?
Posted by ミアン at 2005年06月04日 08:14
ねこまたぎ【猫跨(ぎ)】

〔魚の好きなネコでさえ跨いで通る意〕

俗に、まずい塩魚の称。

〔口頭語では「猫また」とも言う〕
Posted by 猫又吉 at 2005年06月05日 02:17
こっちでしょう(^^;)

ねこ‐また【猫股・猫又】
猫が年老いて尾が二つにわかれ、よく化けるといわれるもの。徒然草「奥山に―といふものありて」

[広辞苑第五版]
Posted by うぃろう at 2005年06月05日 03:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。