2005年03月28日

ギンたんの悩み

3-28a.jpg
二匹のときでも押され気味ですが

3-28b.jpg
三匹になると

3-28c.jpg
完全に敷布団にされてしまいます。
posted by ako at 19:53| Comment(19) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホンモノの敷き布団ネコ、
初めて見ました。
心なしか、
ぎんの表情に苦難の色が伺えるのがステキ。
それにしてもガマの脚は、
長いですね〜。
Posted by ぽぽる at 2005年03月28日 21:35
フクたんが、古い言葉で言う「メンチ切ってる」感じですね
Posted by sat at 2005年03月28日 21:44
ひ〜〜〜〜(笑い過ぎて腹痛い)
Posted by 洪 at 2005年03月28日 22:57
うはは!ぎんたんVS銀縞コンビですな。
コントラストがすてき♪
寒いからこんなに固まっているのですか?
夏場はどうなるのか興味津々です。
Posted by at 2005年03月28日 23:56
こっこっこれは…冬場は私もギンたんと同じ状況なので、同情申し上げます(涙)一人で寝ていたはずなのに、息苦しくて目覚めると…ギンたん状態になっている。。。
Posted by sak at 2005年03月29日 00:19
こっこっこれは…冬場は私もギンたんと同じ状況なので、同情申し上げます(涙)一人で寝ていたはずなのに、息苦しくて目覚めると…ギンたん頑張れ!!
Posted by sak at 2005年03月29日 00:24
あああ、敷布団なのですか・・・。頑張れ、ギンたん。応援しているよ。
でも、敷布団にされてしまうギンたん、大好きだよ。
Posted by みかん at 2005年03月29日 01:29
ぷぷぷっ
仲、いいのやら?悪いのやら???
フクたんちょっとこあ〜い。。。
Posted by ハッピー at 2005年03月29日 02:26
ぷ……笑ってしまいました!
ぎんタンのそばが温かいんでしょうね
Posted by ゆかりん at 2005年03月29日 07:22
我が家でも全く同じ光景が繰り広げられています。やはり哺乳類ですね。
Posted by 内部正明 at 2005年03月29日 07:48
フ、フクたん、目つきが…。

ぎんたん、ガンバレ!
Posted by くまん at 2005年03月29日 08:29
もう2にゃんの間に入りたくって入りたくってって感じですね。この写真とカラーをしていた時のフクたんの写真を比べてみるとカラーをしていた時は本当に遠慮していたのだと良くわかりますね、個人的には遠慮がないフクたんの方が好みですが。。。ぎんたんがんばってぇ!!
Posted by かっぱ at 2005年03月29日 10:36
黒豹の敷物の上で悪だくみする二名の図。
でも、ネコとゆーのは「絶対にイヤなことはしない」ので、この状態でその場にとどまっているよいうことはこれでいいのでしょう…。
この際黒豹の足の長さは不問にしてください。
Posted by emmaema at 2005年03月29日 11:01
2枚目の写真ですが、
ガマたんの長い脚ではなく、
フクたんの目つきの悪さでもなく、
ギンたんの前脚の短さから目が離せません。
がんばれ、ギンたんー!!
Posted by naojohnai at 2005年03月29日 15:31
同じく。
特に後ろ脚にはキュンとなります。

フクたんはガマたんとくっついている
ギンたんに妬いてるんですかね?
Posted by kkk at 2005年03月29日 15:45
ギンたん!手足が突っ張ってます。
努力しても無駄なので脱力しなさい。
Posted by カリカリ at 2005年03月29日 21:09
akoさんはじめまして。
「じごくみみ」から飛んできました。
我が家も4匹の猫がいますが、akoさん宅のように仲良く寝ることはめったにありません。
仲むつまじい姿に癒されますな・・・。
Posted by てす at 2005年03月29日 21:42
最初はウーウーうなってたんですが、このままの格好で寝てしまいました。
だから・・・いいんでしょう。
Posted by ako at 2005年03月29日 23:15
はじめまして。
前からお邪魔していたのですが初めてコメントさせて頂きます。
うちにも猫がいるのですが、今日の写真を見て本当にビックリしました!
うちの猫に三匹ともそっくり・・・!
柄が同じというだけなのですが、本当に驚くくらい似ていました。
ぎんちゃんに似ている黒猫は最近事故で亡くなってしまったのですが、ここにお邪魔させていただくとうちの猫を思い出して切ないような幸せな気分になります。
これからも覗かせて頂きます。

長文失礼しました。
Posted by サ。 at 2005年03月30日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2657012

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。