2005年03月15日

あんまり痒そうなんで

カラーを一瞬はずしてやりました。

3-15a.jpg
かゆかゆ。

3-15b.jpg
くさくさ。

3-15c.jpg
ああ、下の方もくさい!

3-15d.jpg
抜糸を始めたのでフタ!
posted by ako at 23:57| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらのブログでは初めまして。
猫が(犬も)大好きなのですが、今いるマンションでは不可なので、3猫ちゃんたちの様子を楽しく拝見しております。
フクちゃん、自分で抜糸しはじめちゃうなんて、すごいですねー。自由に動けないのが、よっぽどつらいのかな。手術後、どのくらい経つと抜糸できるのでしょうか?
Posted by でり at 2005年03月16日 00:03
ほんと、どのぐらいの期間で抜糸できるのでしょうか。それとも自然に溶ける糸なのですか。

最後の写真、すっごく可愛いですっ!!! akoさんもユーモアのセンスがあって可愛いデス。
Posted by ルミ at 2005年03月16日 01:17
最後の写真からフクたんのおなかのやわらかさが伝わってきます
肉球がかわいい!
抜糸したがるのは、人間の場合で言うかさぶたをついいじってしまうのと似ていますかね
Posted by ゆかりん at 2005年03月16日 04:30
カラーしている時って、お尻がくちゃくなるんですよねぇ。あと、どれぐらいでカラー取れるのかな。早く取れるといいね、フクたん!
Posted by にゃんにゃん at 2005年03月16日 04:36
このあとまたカラー付けられて、ぶーたれているんでしょうね、フクたん。
早く治りますように。
ところで「縞のある猫は必ずアゴが白い」というトリビアを知ったのですが、たしかにフクたんも白いですね。ちょうど1枚目で確認出来て満足。
Posted by おくとぱす8 at 2005年03月16日 08:58
あっ、本当だ。アゴが白いですね。
へぇーへぇーへぇー
Posted by kkk at 2005年03月16日 10:39
はじめまして、いつも楽しく拝見しております。うちのおにゃんこもふくちゃんと同じくらいのときに玉抜きをしました。カラーは平衡感覚が無くなって上手く歩けなくなってしまったので、つけずにいたら、自分で抜糸しようと。
傷口を舐めまくってヒリヒリに・・・。
猫の舌は恐るべしです。

うちのもキジトラですが、あごは白いです。
Posted by chise at 2005年03月16日 18:43
抜糸は連休あけです。アメリカで手術したときは、カラーも薬もなかったことを考えると、もう取っちゃってもいいかとも思うんですが、舐めてヒリヒリになるのが怖いですねえ。
Posted by ako at 2005年03月16日 23:39
見てるとやっぱりカラーって必要なんだと思えてきました。実家の猫は2匹ともカラー無しだったなぁ…
1匹は自分で完璧抜糸、1匹は舐める程度でした。性格によるのかも。
完璧抜糸した奴も特に問題は無かったようですが、皮膚が強いだけかも。
Posted by ぎんやんま at 2005年03月17日 10:21
やっぱり一週間から10日ぐらいかかりますよね。
舐めてヒリヒリ…なんて、想像しただけで痛いので、フクたん、もう少し辛抱してちょうだい、ですね。
Posted by でり at 2005年03月17日 15:09
洪さん、“フタ”が出来るってことは、
ガブリエルはがまタンの躾が実って
治まったのではないかと思います。

如何でしょうか?

Posted by 高木です at 2005年03月17日 20:33
高木さん、お返事遅れてごめんなさい。
そうですね〜、ガマたんの躾のなせる技…なんでしょうね。
長い手足でしばかれまくってましたからねぇ。
akoさんもガブられなくなり(もしくは、頻度が減り)御慶でございます。
Posted by 洪 at 2005年03月21日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2433445

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。