2005年03月10日

手術前日は絶食なので

3-10a.jpg
うらめしそうに食事中のふたりを眺めるフクたん。

3-10b.jpg
食べ終えたふたり。


上の、珍しくギンたんがかわいく写ってますね。
フクたんは手術が終わって入院中です。前日の血液検査のときに暴れまくったので、連れて行くのに苦労するかと思ったのですが、かごに入るのもカラーをつけるのも、案外簡単でした。
やっぱり記憶力がメメントなんだわ。
posted by ako at 23:02| Comment(17) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、こんばんは。
いつも、こそりと覗かせて頂いていたのですが
今日は、勇気を振り絞って(?)コメントさせて頂きます(⌒ ⌒)(_ _)ぺこ

我が家も、先月に生後11ヶ月の雌猫を
避妊手術しました。
血液検査で、大暴れだったのですが
退院の時は、あっさりしてました。
ちなみに、ぎんちゃんと同じ黒猫なので
いつも、ぎんちゃんをうちの猫をダブって覗かせて頂いてます=^-^=うふっ♪
猫はみんな大好きだけど、黒猫はとても好きです。
ぎんたん、美人さんだと思いますよ。
これからも、ブログ楽しみにしております。
Posted by ぷりん at 2005年03月10日 23:10
akoさん、先日はギンたんの名前の由来を教えていただきありがとうございました

ギンたん、かわいい〜。綺麗にとってもらって良かったねえ。
しかーし、どの写真が実物に似ているのかやっぱりさっぱりわかりません。そこもギンたんの魅力か?
Posted by ぢぇーん at 2005年03月10日 23:21
フクたん、お疲れさま!
ご飯が食べられない背中に、
何だか哀愁(?)が漂ってます。
Posted by くまん at 2005年03月10日 23:53
ギンたんは本当に写真写りが色々で、本当の姿が良くわかりませんね???今日はお子ちゃまちっくです。かわいい。フクたんは術後、性格変わっちゃったり、大人っぽくなったりするんでしょうか?まだやんちゃな ガキンコフクたんでいて欲しいな〜。
Posted by ハッピー at 2005年03月11日 00:23
ホントだ!ギンたんかわいく写っとる!
ぶちゃでもかわいーがたまにはこんなギンたんも和みますな〜
”やや上目使いテク”今度写真撮られる時の参考にさせて頂くわ
Posted by shanana at 2005年03月11日 08:53
ギンたんかわいいぃぃ・・・。
ふたりが心配そうに見てますね。
Posted by kkk at 2005年03月11日 10:10
Posted by at 2005年03月11日 10:31
フクたん、1人ぽっちの入院は寂しいでしょうね。「カラー」、うちでは「ラッパ」といっております。
Posted by プル at 2005年03月11日 11:36
ガマたんは目が「ピカーーーーッ!!」でも男前。ギンたんも(私的には普段でも十分可愛いと思っているのですが)「女の子」って感じで綺麗に撮れてますねぇ。

フクたん、手術無事に済んだようで良かったです。お腹がペコペコで、術後初のご飯はどこぞやのCM通り、「ネコまっしぐら!!」ってな具合で餌入れに突っ走り、「ギンたん、宗田がつおを喰らう」のような表情でむさぼりまくったのでしょうか。うーん、見てみたかった気もします・・・。
Posted by Briana at 2005年03月11日 12:37
避妊手術前に血液検査なんてあるんですね〜! 今驚いてます。というのも、私が住む町(アメリカ)では二匹の猫両方とも血液検査をされなかったんですよ。メス猫なんて手術後にカラーさえ巻いてくれなかったし。
こちらは動物好きが多いので動物病院が異常に多く、何処の病院が良いのか分からないところが難点です。
Posted by ルミ at 2005年03月11日 14:42
フクたんの後姿、せつないですね。
ギンたん&ガマたんは分かってるんでしょう。きっと。
心配そうな真ん丸な4つの瞳が、フクたんの家族って感じで
3ニャンの絆の強さを改めて知りました。
頑張れ、フクたん!!

Posted by naojohnai at 2005年03月11日 20:50
ギンたんは暗いところで瞳孔が開いているとかわいいんですよ。でも暗いところでは写真がとれないので、ブサな顔しかお見せできないわけで。

>ルミさん
うちの初代猫のヒメもアメリカで手術しましたが、やはり血液検査もカラーもなしでした。動物愛護協会の病院でしてもらったので、メスでしたが30ドルくらいだったかな?ちなみに今回は術前検査に6000円、手術+薬などに23000円でした。それからマイクロチップもいれたので、それに3500円。ここは特別高いかも。でも腕はいいし、獣医さんもみんな感じいいので。
鉄さんが逆カツアゲみたいにして、手術代の援助をしてくれたので、助かりました。
Posted by ako at 2005年03月12日 00:41
ako様、「記憶力がメメントだわ」に大うけしました。
ところで、マイクロチップは迷子防止用ですか?もしそうなら、どうやって居場所を確認するんですか?
Posted by にゃんたろう at 2005年03月12日 07:04
実は今年上海に引っ越すんです。出国するときはいらないんだけど、日本に再入国するときにマイクロチップを入れてないといけないので。
チップ自体には居場所を特定する機能はないですが、迷子になって保護されたときに、センターに照会すると猫の身元がわかるという仕組みのようです。
Posted by ako at 2005年03月12日 13:31
akoさんの初代猫ちゃんもアメリカでしたか。やはりアメリカでは血液検査という習慣は無いのでしょうかね。

日本では今年の6月から動物の入国検査がものすごく厳しくなると、新聞で読みました。
動物にマイクロチップを埋め込んでいない場合は、動物が空港の狭い折の中で長期間の検疫に耐え切れずに死んでしまう可能性があるようです。
これから大変ですよね。
Posted by ルミ at 2005年03月12日 16:08
>ako様、ルミ様
なるほど、そういうことだったんですね。ひとつ賢くなりました。
ako様、上海へ引っ越されても、またかわいい3匹の表情を楽しみにしてます。
Posted by にゃんたろう at 2005年03月13日 08:37
ako様、上海に引っ越されるんですか?
akoさんの知り合いでもないのに、寂しくなるなぁ..などと図々しく思ってしまいました。
なにせもう何年も毎日のようにぢごくみみを拝見しているもので、厚かましくすみません。
私の知り合いが仕事で上海に行き、「とにかくタフな街」だと言っていました。
お引越しされても、ギンたん、ガマたん、フクたんの活躍(?)を楽しみにしています。
Posted by ハンセル at 2005年03月13日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2354010

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。